30代でおすすめのスキンケア方法とは?

「メイクのノリが悪くなった」「肌が乾燥しやすくなった」「目元のシワが気になる」「シミができた」「疲れている?と聞かれるようになった」など、さまざまなエイジングサインが出てくる30代。
20代と同じスキンケアをしても効果が感じられない場合には、肌が変化しているのかもしれません。

20代の頃と違う30代のスキンケア方法とは?

30代は、加齢のほか、睡眠不足や疲労、ストレスなどによって肌のターンオーバーが乱れやすく、肌のバリア機能が低下しやすい時期です。シミやくすみができやすくなったり、肌の保水力が低下して乾燥しやすくなります。

スキンケアは、まず自分の肌質を知ることから始めましょう。
肌質はずっと同じではなく、年齢によって変わることもあるんです。

洗顔後、肌に何もつけない状態で10分程度放置して、突っ張るようなら乾燥肌。
全体的にテカっているならオイリー肌、Tゾーンのみテカるなら混合肌です。

自分の肌質がどのタイプなのかを知った上で、今の肌質に合った基礎化粧品を揃えましょう。

ライン使いのメリット

さまざまな変化が出てくる30代の肌に効果的なのは、基礎化粧品を「ライン使い」すること。
ライン使いとは、同じブランドの化粧品を揃えてスキンケアすることです。各ブランドによって異なるアプローチ方法の中から、自分の肌悩みにピッタリのケアを選んでスムーズに行うことができます。

アイテム同士相性が良いので相乗効果が得られやすい上、ブランドが推奨する使い方をすることで、より効果を実感することができるでしょう。

デメリットはあるの?

まずはコスト。化粧品をシリーズで揃えると、「今月はお金がないから安い化粧品で」と置き換えることができず、毎回一定のコストがかかります。高級アイテムの場合はなおさら、効果はあっても金銭的負担のために続けられないことも。

また、せっかくラインで揃えたのに自分の肌に合わないことも。
特に敏感肌の女性は、「化粧水は合っているのに乳液は合わない」などと、同じシリーズでも肌に合わない可能性があるので注意が必要です。

ブランドによってはミニサイズ、トライアルセットなどを販売している場合もあるので、使い心地や肌に合うかどうかを確認してから購入することをおすすめします。

多忙な人におすすめな時短スキンケア法

急がしい毎日、丁寧にスキンケアしたいけど時間がない!という方に、おすすめの時短スキンケア法をご紹介します。
「時間のない時は最小限に、余裕のある時はしっかり」を心がけることで、効果的な肌ケアが可能ですよ。

化粧水はミストで
「お風呂上がりにすぐスキンケアしたいけど、子どもが小さくて手が回らない!」という方には、お手持ちの化粧水をスプレーボトルに入れ替え、ミスト状に吹きかけるのがおすすめ。
スプレーなら片手で素早くプッシュできる上、ミスト状で顔全体にまんべんなくつけられます。つけた後はハンドプレスで染み込ませましょう。

朝の洗顔はぬるま湯で
忙しい朝、ゆっくり洗顔料を泡立てる時間なんてない!という方も多いはず。そんな時はぬるま湯洗顔がおすすめです。
寝ている間の汗や皮脂、こびりついたほこりなどをさっと洗い流して、洗顔後は清潔なタオルで水分を優しく拭き取りましょう。
「洗いすぎない」という点で、お肌の健康にとってもおすすめです。

ライン使いは休日に
毎日のライン使いでスキンケアをするのは厳しい・・・という方は、思い切って休日だけライン使いをしてみては?
せっかくのスキンケア、それ自体がストレスになっては元も子もありません。

心も体も落ち着いているときは毛穴がゆるみやすく、美容成分が中(※角質層)まで浸透しやすいのだとか。
予定のない休みの日こそ、日頃、後回しにしているスキンケアをじっくり行う「おうちスパ」がおすすめです。

肌のタイプ別!30代におすすめのスキンケア方法

乾燥からくるシワが気になる

30代になると気になる目尻や目元のしわ。皮膚が薄い目元は年齢が出やすい部分です。目元の小じわには保湿成分と油分が含まれたアイクリームがおすすめ!

アイクリームは化粧水、美容液、乳液のあとに塗りましょう。手の甲にのせたら、指でなじませて上まぶたと下まぶたに数か所おきます。薬指を使ってやさしくなじませたら、指の腹でそっと押さえましょう。気になる部分は重ねづけを。

くすみ肌が気になる

肌を触るとゴワゴワ、顔にツヤがないと感じたら、それは肌がくすんでいる証拠です。肌が乾燥すると余分な角質が増えてくすみの原因になります。理想的な肌の水分量は40%。くすみ対策には「保湿」が重要です。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など、保湿成分が配合された化粧品で肌のバリア機能を高めましょう。

これって肝斑?シミが気になる

女性ホルモンバランスの乱れや摩擦による炎症によって、頬の高い部分に薄茶色のシミ「肝斑」ができます。肝斑には、トラネキサム酸配合の内服薬やレチノイン酸、ハイドロキノン配合のクリームなどでメラニンの生成を抑える治療法があります。

たるみ肌が気になる

ピーリングで肌の新陳代謝を促進しましょう。天然由来成分(AHA)が配合されたピーリング美容液なら、肌への刺激も少なく敏感肌や初心者に向いています。ピーリングの後、コラーゲンを増やすレチノール配合の化粧品でお肌をケア。ビタミンCやポリフェノール、ビタミンEで肌の血行を促進しましょう。

\トラブルに負けない30代の肌作りをサポート/美肌菌のおすすめ基礎化粧品2選
アイクリーア
SiNTOシリーズ
【商品画像】アイクリーア_SiNTO_共通パーツ
引用元:「アイクリーア SiNTO 公式Instagram」
https://www.instagram.com/p/B-6rpojAM_4/
トライアルキット 1,760円
定期購入(3回) 43,142円
ランコム
ジェニフィック
アドバンストN
【商品画像】LANCOME_ジェニフィックアドバンストN_共通パーツ
引用元:「LANCOME 公式Instagram」
https://www.instagram.com/p/B-7UsW6hgRa/
トライアルキット 11,000円
定期購入 46,200円

※価格は税込価格になります。
※2020年2月~3月中に「#美肌菌」をつけてInstagramに投稿された商品の中から「トライアル商品」があるものをピックアップしています。
※SiNTOの定期購入3回分は「約4.5ヶ月分」、ランコムの定期購入3回分は「約3ヶ月分」になります。